フランスは芸術の都であり、憧れる街です。

フランスは芸術の都であり、憧れる街です。

フランスは芸術の都であり、憧れる街です。 芸術の都、パリは1900年の万国博覧会くらいから、日本の新鋭芸術家たちもパリに渡って活動したということは歴史的事実です。凱旋門を中心とした放射線状に設計された見事な街並みそのものが芸術的と思わされます。ナポレオン時代に都市計画ができたらしいですが、少し離れた豪奢なベルサイユ宮殿も王室の芸術思考方贅沢に圧倒されるほどです。

フランスは元来、農業国で農民の国でした。郊外に行くと農業、特にワイン製造の原料になるブドウをよく栽培しています。パリ市内と郊外は印象派やロココ調、アールヌーボーに影響された建造物などに出くわすもので、文化伝統を大切に守る国でもあります。姉妹都市などには日本の京都が代表例で、案外、よく似ている文化民を知ります。

しかしながら、新進芸術作家などは、パリ郊外の地域にデタント地区があり、電車に乗って行くしかありませんが、新しい地域が出来ています。昔とは違う現代の凱旋門が建造されているところが興味深いです。伝統を大事にしながら進化する芸術の都らしい街づくりは、とても魅力を感じざるを得ません。エッフェル塔も魅力ですが、どこかで見たような感覚があります。東京タワーを連想させます。アイデアと設計、芸術的建造物としてはエッフェル塔が芸術です。あとで模倣したら芸術性そのものはあまり好まれません。評価はわかれるでしょうが、模倣はモデルタイプなので、独創性や斬新性がどうしても損なわれてしまう懸念があります。芸術はサブカルチャーではなく、メインカルチャーです。フランスはそういうことを教えてくれる街です。
Copyright (C)2014フランスは芸術の都であり、憧れる街です。.All rights reserved.